スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名倉ファイナルクエスト第三章

修学旅行が迫ってきました

何か名倉でしてきてほしいこと、召喚してほしいものなどがあれば、
コメントに書き込んでください。


リダンツリダンツリダンツ!




   ~フィールドで~
俺「あのさまよう鎧いくらおとしていったー?」
西「4300円」
俺「そんなもんかー 街に戻って新しい武器買う?」
西「うん・・・疲れたから休みたいし・・・」
俺「おー」

街に戻る・・・途中で俺たちの後に来ていた勇者候補が、さまよう鎧と苦戦中で瀕死状態だったけど気にしない

俺「やっと街についたぁーって西野っちどこ行くの~?」
西野「・・・んーっと・・・散歩」
俺「ふーん・・・じゃあ、あの酒場でまってるわー」
西野「一時間ぐらいしたらもどってくるね」
俺「待ってるね・・・ここルイーダの酒場じゃん・・・」
ルイーダ「誰か仲間にする?」
俺「・・・ってあすかっちじゃん 何してんの? 」
あすか「何って・・・雇ってもらおうと思ったんだもん・・・
って、竜くんの仲間にしてよ」
俺「ちょうどいいや」

   あすか が仲間になった
あすか「職業遊び人だからよろしく~」
俺「まぁいいよ 後で賢者に転職してもらうから」
西野「おまたせー竜くん待った・・・ってなんであすかっちが居るの?」
俺「仲間になってもらったわ 後々賢者になってもらうからさー」
西野「あすかっちー よろしくねー」
あすか「よろしくー」
俺「・・・で、西野っちのその服は?」
あろうことか西野は、黒のノースリーブにミニスカだったのだ
西野「竜くんを脅かそうと思って・・・これで旅してもいい?」
俺「別にいいけど・・・今日は宿屋にとまるからね」
西野「え~せっかくきがえたのにー
あっそうだ!二着買ったから一着あすかっちにあげるねー」
このまま宿屋へ・・・
    ~宿屋~
俺「なんでベッドが二つしかないわけ?」

    ~次の日~
俺「ダーマ神殿目指すか~」
あすか「ちょうどいいや そこにダーマ行きのバスがでてるよん」
俺(昨日はろくに寝せてもらえなかったから・・・)
「楽しよ 楽が一番!」

   数時間後ダーマ神殿前に到着
俺「よく寝た・・・っておーい、いつまでしゃべってるのー置いてくぞー          西野ー何しゃべってたの?」
西野「ひみつー   ねーあすかっちー」
あすか「ねー」

西野「何に転職しようかなぁ~♪賢者に勇者に遊び人~♪」
あすか「吟遊詩人に羊飼いー♪」(合いの手を入れる)
俺「いやいや 歌わなくていいからー」
俺「おいらっちは盗賊でいいや」
西野「あたしは勇者ね」
あすか「どーせあたしは賢者でしょー」
転職が終わると急に地震が
地割れからDQローズバトラーとFF10のアニマが合体したような奴がでてくる

名倉ファイナルクエスト第四章に続く・・・
スポンサーサイト

<< 名倉ファイナルクエスト番外編 | ホーム | 名倉ファイナルクエスト第二章 >>


コメント

3Pだと…ッ

修学旅行で離脱できるのかなぁ?
 
ドラクエのオープニングを「ペ」だけ使って
大絶叫スーパーハイテンションで歌う

盗賊志願なら先の瀕死の勇者候補を後ろから襲って追い剥g(ry

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。